アトピーの症状を抑えるスキンケア|保湿効果で肌を守ろう

肌の手入れ

肌バリア機能を高めよう

化粧水

紫外線のダメージに注意

アトピー肌は刺激に非常に弱い特徴があります。特に紫外線からの攻撃に弱く、今後の地球はアトピー肌の方に優しくない環境になる恐れがあります。オゾン層が縮小しており、紫外線が地上により降り注ぎやすい環境になると予想されているためです。アトピー肌の方は紫外線からのダメージを軽減できるよう、肌の保湿により力を入れる必要があります。そもそもアトピー肌は、なぜ紫外線などの刺激に弱いのでしょうか。なぜ保湿が非常に重要なのでしょうか。その理由は、角質層に存在するセラミドにあります。アトピー肌の方の角質層は、水分保持力が低い傾向にあります。これは角質層に存在するセラミドが一般的な方より少ないことが原因です。そのため、肌のバリア機能が低下しており、外部からの刺激に非常に弱くなっているのです。

2つの方法で潤わせよう

肌のバリア機能は、セラミドが主に担っています。セラミドがあることで、肌は潤いを維持することができます。どんなに乾燥した場所でも人の肌が干からびないのは、角質層にセラミドが存在するためです。アトピー肌の方の角質層にはセラミドが不足しているため、日々の生活の中で常に肌が乾燥する状態にあります。アトピー肌の肌乾燥を防ぐためには、2つの保湿をすることが重要です。1つ目の保湿は、セラミドを潤わせることです。根本的に潤った肌にするためには、何より不足しているセラミドを増やすことが重要です。2つ目の保湿は、セラミドが蒸発しないよう、肌表面を潤わせることです。ヒアルロン酸などで肌表面を潤わせることで、角質層に存在するセラミドが蒸発しにくくなります。