アトピーの症状を抑えるスキンケア|保湿効果で肌を守ろう

肌の手入れ

刺激に抵抗できる肌に

女性

刺激に過敏に反応する理由

アトピー肌の方は、角質層のセラミドが不足している状態にあります。そのため、肌が非常に乾燥しやすく、肌バリア機能が常に低下している状態です。外部からの刺激から肌を守るバリア機能が低下しているため、少しの刺激にも過敏に反応してしまいます。アトピー肌を改善するためには、何より肌を保湿することが重要です。肌を保湿するためには、2つの方法により肌に潤いを与える必要があります。1つ目の方法が、肌表面を潤わせることです。肌表面が潤うことにより、角質層のセラミドがより減少することを予防できます。2つ目の方法が、肌内部の水分保持力を高めることです。肌表面を潤わせるだけでは、根本的に改善することはできません。肌内部の角質層が潤うことで、根本的に改善することができます。

使用したい有効成分

肌表面を潤わせるためには、刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。一般的な化粧品に含まれているものには、刺激が強いものがあります。また、一般的には刺激が少ないものでも、アトピー肌には刺激がある場合もあります。ワセリンなどを使用すること、無添加製品を使用することを厳守し、肌表面の保湿をするようにしましょう。肌内部を保湿するためには、セラミドを補うほか、セラミドの生成をサポートする成分を肌に浸透させることが重要です。セラミドの生成をサポートする成分には、アミノ酸やビタミンC誘導体があります。また、コラーゲンやエラスチンを同時に補うことで、さらに保湿効果を高めることができます。アトピー肌を根本的に改善できるこれらの成分を肌に与え、外部からの刺激に抵抗できる肌にしましょう。