アトピーの症状を抑えるスキンケア|保湿効果で肌を守ろう

女性

上手く利用するのが良い

スキンケアグッズ

アトピー肌の場合には激しい痒みに襲われて苦しむことになりますが、最近ではそれを解消するための効果的な保湿剤が沢山売られています。ですからその中から自分の肌質に合った物を選んでそれを上手く利用するのが良いです。

詳しくはこちら

原因不明の肌疾患

女の人

完治が難しい皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、原因不明の奇病とも言われており、完治させる事は難しい皮膚炎でもあります。このアトピー性皮膚炎が発症する原因は解明されておりませんが、様々なアレルギー物質が原因となって、皮膚炎が発症する事が知られています。このアトピー性皮膚炎の症状の特徴とは、全身の至る所に発症し皮膚に発疹と強いかゆみ、乾燥による落屑が見られます。症状としては、軽度のものと重度の状態のものがあります。軽度の状態であれば、アレルギー反応を抑える効果のある内服薬や肌の炎症を改善させるステロイド剤で症状を改善させる事が可能です。しかし、重度の状態となれば全身に皮膚の炎症が及ぶ為、治療が長引き症状を改善させる事が難しくなります。この病には特効薬が存在しない為、食事療法や生活環境の改善、薬で症状を徐々に落ち着かせると言った治療を長期的に行う必要性がでてきます。

皮膚に刺激を与えない為に

アトピー性皮膚炎の症状を悪化させる事を防ぎ、改善させるには保湿が重要となります。アトピー性皮膚炎の患者の肌は非常に乾燥しやすく、アレルギー反応を引き起こしやすい為、日常的に保湿を行い皮膚の乾燥を防ぐのが必須です。特に肌が乾燥しやすい冬等は、入浴後に全身の保湿ケアはしっかりと行わなければなりません。肌に刺激を与えない敏感肌専用の化粧水や乳液を使用する事で、肌の炎症をおさえ乾燥による皮膚の落屑を改善可能です。アトピー性皮膚炎の治療として、保湿はとても重要な役割を持っています。皮膚科からも保湿効果のあるローション、クリーム等が処方される事が殆どです。アトピー性皮膚炎の症状を改善させ完治させる為には、長期的に保湿を行う必要性があるのです。

肌バリア機能を高めよう

化粧水

アトピー肌の方は角質層にセラミドが不足している状態にあります。そのため、肌のバリア機能が低下しており、外部からの刺激に非常に弱くなっています。肌のバリア機能を高めるためには、セラミドを増やすこと、セラミドが蒸発にないよう肌表面を潤わせることの2つの保湿を行うことが重要です。

詳しくはこちら

刺激に抵抗できる肌に

女性

アトピー肌は、常に肌バリア機能が低下している状態にあります。そのため、外部からの刺激に非常に弱く、刺激に過敏に反応する性質があります。肌表面をワセリンなどで保湿すること、肌内部をセラミドやビタミンC誘導体、コラーゲン、エラスチンで保湿することで、肌バリア機能を高めることができます。

詳しくはこちら